DebugBuildしたアプリとGooglePlayにあるアプリで連携

証明書を一緒にし、かつユーザIDをShareした状態でのみ動作するアプリにおいて
他方はGoogplePlayに、他方はDebugBuildした状態だと、
証明書の問題で動作しない。
これを解消するには、DebugBuildする場合にも本番と同じ証明書をつけてAPKを生成する必要がある。
DebugBuildしたAPKに本番と同じ証明書をつけると、課金テストなども可能となる。
■以下手順
0.もしSJISで化ける場合は以下を.bash_profileなどに設定
export _JAVA_OPTIONS=-Dfile.encoding=UTF-8
1. XXX.keystoreのストアパスワードをandroidへ変更
keytool -storepasswd -keystore XXX.keystore
キーストアのパスワードを入力してください:
新規 keystore password:
新規 keystore password を再入力してください:
2. YYYエイリアスをandroiddebugkeyへ変更
keytool -changealias -alias YYY -destalias androiddebugkey -keystore XXX.keystore -storepass android
の鍵パスワードを入力してください。
3. キーパスワードをandroidへ変更
keytool -keypasswd -alias androiddebugkey -keystore XXX.keystore
キーストアのパスワードを入力してください:
の鍵パスワードを入力してください。
新規 の鍵のパスワード:
新規 の鍵のパスワード を再入力してください:
IntelliJの
Projectstructure -> Facets -> Compiler
のCustom debug keystoreに上記で生成しなおしたKeyファイルパスを指定し、ビルドすると変更された署名でデバッグモードでビルドできる
補足:IntelliJで署名付きAPKを生成
File->Build->Signed Generate APKでウィザードに従うとリリースビルドが実行される